審美歯科|福津市の歯医者

水上歯科クリニック

  • お問い合わせ・ご相談はこちら
  • 0940437366
  • お問い合わせ

審美歯科

キレイな歯は自分に自信が持てるようになります。

審美歯科について

白く美しい歯は、爽やかで明るいイメージを与えます。人の第一印象はその人物を評価するうえで、とても重要なポイントになるものです。白く輝く歯だと笑顔も美しく、好印象を与える事になります。

まず事前にしっかりとカウンセリングを行い、患者様一人ひとりに合った治療方法をご説明させて頂きます。お気軽にご相談下さい。

充填・修復治療

セラミックインレー

セラミックの詰め物を型をとって作製し接着剤で装着します。最も審美的な修復法です。

ハイブリッドインレー

セラミックとプラスチックの混合型の詰め物です。 型をとって作製します。

ダイレクトセラミック

セラミックフィラーを配合したプラスチックで直接歯牙に詰めます。

ゴールドインレー

貴金属による詰め物です。 適合性が良好で変色、腐敗がなく 金属アレルギーの少ない材質です。

セミプレシャスインレー

貴金属より金の含有量を少なくした金属で 貴金属に準じる性質を有します。

銀合金(金銀パラジウム合金)保険適用

安価で通常に日常生活には支障ありませんが変色、腐食、金属アレルギーなどの問題点もあります。

■左
1.金銀パラジウム合金によるインレー
2.金銀パラジウム合金によるクラウン
3.アマルガム充填された歯

■右
セラミックインレー、セラミッククラウンで修復された口腔内

セレック治療について

高性能3Dコンピューターによりチェアサイドで設計、加工する、セラミックによる審美修復システム。
院内で修復物を作成するため、低料金、短時間での審美修復が可能。インレータイプ、クラウンタイプに適応可能。

セレック治療の流れ

  1. 虫歯の部分または金属の詰め物の入っている部分を削ります。
  2. 歯の形を専用のカメラで撮影し、コンピュータに3次元データとして取り込みます。
  3. 3次元データを元に、セレック3でセラミックの削り出しを行います。
  4. できあがったセラミックをセットし、治療は完了です。

今までの治療に比べ短時間で治療を行うことができます。

セレックを用いた症例

  • 治療前

  • 治療後

クラウン(被せもの)

セラミッククラウン

(I)メタルボンドポーセレン(MB)
貴金属で強化された骨組みの上にセラミックを焼きつけて、本物の歯のような形を造った修復物です。審美性や強度に優れています。

メタルボンドポーセレンの臨床例
  • 治療前

    歯牙の変色、色の違いなどさまざまな問題点があります。

    治療後

  • 治療前

    虫歯や歯牙の変色により暗い感じの口の中になっています。歯茎の色も気になります。

    治療後

  • 治療前

    歯周病で歯がグラグラし、歯並びが悪くなった症例です。

    治療後

(II)オールセラミッククラウン
金属の骨組みを用いないセラミッククラウンです。透明感に秀れ最も自然感のあるセラミック修復です。
従来は強度の面から、適応が限られていましたが、模型の改良で従来よりも強度や審美性に優れた修復ができるようになりました。

  • 治療前

    歯並びや色調に問題があります。
     

  • 治療後

    色調、歯並び共に改善され、より美しい前歯になりました。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとプラスチックの混合型値(ハイブリッド型)のクラウンです。プラスチック単体より強度と審美性が向上しますが同時にプラスチックの欠点も持ち合わせます。

  • 下の前歯にハイブリッドセラミッククラウンが装着された状態。
     

  • 大きく口を開けても金属部分が目につきません。

硬質レジン前装冠

保険適用の硬質レジン前装冠は、金銀パラジウム合金を使用、金属で補強されたクラウンの表側の部分にプラスチックを接着し、見た目を回復する方法です。

  • 硬質レジン前装冠が装着された状態。

  • 数年経過した硬質レジン前装冠。プラスチック材料は変色(黄色になる)したり、欠けたりします。

ゴールドクラウン

貴金属を多く含んだ金合金は、加工にすぐれ適合性が良好で腐食や変色もほとんどなく金属アレルギーの心配が少ないのが特徴です。
 

銀合金(金銀パラジウム合金)クラウン【保険適用】

金銀パラジウム合金は日本の健康保険で使用される(諸外国では使用されてない)日本独自の合金です。
食事などの日常生活は何ら問題なく過ごせますが変色、腐食、金属アレルギーなどの問題点もあります。

特殊義歯

レジン床義歯

材質は、全てプラスチック(レジン)で出来ています。
修理の容易さなどに優れていますが、異物感が出やすいことや強度が劣ることが欠点です。

金属床義歯 保険適応外

粘膜部分の大半が軽い金属で出来ています。精密な型採りをして、より適合の良い物に仕上げます。 薄くて軽い為、異物感が少ないことが最大の利点です。また、強靭なため破損・変形・たわみが殆どありません。

その他の特殊なセラミック修復

ラミネートベニア

うすい貝殻状のセラミック(コンタクトレンズのようなセラミック)を強力な接着剤を用いて、歯の表面に貼付ける方法です。
※適応症・・・・・変色歯、形の悪い歯(わい小歯など)を必要最小限の歯牙の削除で、審美的な改善を得ることができます。

  • ラミネート修復前

  • ラミネート修復後

  • ラミネート修復前

  • ラミネート修復後

抜歯からブリッジに至るまで

症例1 温存術を行わなかった場合

抜歯した部位が大きく凹んでいます。このままでは清掃性・審美性に問題が生じます。

症例2 温存術を行った場合
  • 重度歯周病でグラグラになり抜歯適応と診断されました。

  • 同部位のレントゲン写真。骨が吸収し大きく落ち込んでいます。

  • 抜歯と同時に温存術を行います。

  • 温存術を行ったため、大きく凹まずにすみました。

  • このケースは骨の吸収が大きかったのでさらに小手術を行い歯肉の増大を行いました。

  • 模型上で歯肉に合わせて、形態を修正します。

  • 治療が終了した状態。清掃性・審美性に優れた修復物が装着されました。

ページトップへ戻る